« 剣崎沖のマダイ | トップページ | 富浦沖のマダイ (日刊スポーツ紙面) »

2013年5月22日 (水)

アジ、大漁!

太田屋さんからのアジ・・・

昨日は、良く喰った!

午前船は、ベタナギの中、水深30m前後で、朝から入れ食い状態。
型は22cm位が中心でイマイチだが、活性が高く、ダブル、トリプルもあり、最後はタナを5m近くまで上げても喰ってくる。
食いの良い時は、タナを上げて釣ったほうが、下に居る魚を脅かさずに、活性が高く上がって来るヤツから釣っているので長続きする。

この日は、ほとんど無風で、汗だくになりながら、21~24cmを85尾。

20135


午後船も、初めのうちは無風。
船は船首を北東に向けている。そして下げ潮の効き始めてトモへと流れる潮。

釣り開始からトモでは、午前中より型の良いアジが順調に喰っているが、左舷ミヨシにいた私にはほとんどアタリがない。
ここまで極端なのも珍しい。
トモで12~13尾釣っている時点で、こちらはやっと1尾。
今日は、撃沈か?

予報では、南の風に変わるはず・・・
残り一時間半、無風だった海が、急に波立ち南風がビューと来た瞬間、船がクルッと向きを変えた。

こちらが潮下になった途端に、いきなり中アジの力強いアタリが、グッグッ!と気持ちよく竿を締め込む。
アタリは続くものの、間隔が長い。
それほど魚は持ち上がって無いと思い、3mのタナを2mに下げてみると、タナを取ってすぐにあたるようなった。

ここからは入れ食い状態になり、終盤の追い込みで、何とか51尾まで数を伸ばし大逆転!

潮下と潮上で、入れ食いか、0か、極端なアジ釣りだった。

|

« 剣崎沖のマダイ | トップページ | 富浦沖のマダイ (日刊スポーツ紙面) »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジ、大漁!:

« 剣崎沖のマダイ | トップページ | 富浦沖のマダイ (日刊スポーツ紙面) »