« ”東京湾でブルルン体験をしちゃおう” | トップページ | 今週末のマダイ! 渋い。 »

2013年3月21日 (木)

昨日(3/20)御宿沖のヤリイカ。

大原港の力漁丸さんから出船。

まだ、暗い空の下、ポイントには、すでに多くのヤリイカ狙いの船が集結していた。
20133202


朝の内は、サバの猛攻があり、ブランコ仕掛けでは途中で捕まってしまい、底まで落ちない。
ツノを飲み込んだり、仕掛けをグチャグチャにしたり、やりたい放題のご乱行。

体力的にキツイのを覚悟の上、仕方なく直結仕掛けに変更した。
決して活性の高い状態ではないが、底付近でポツポツと乗っていたので、ほとんどしゃくらずに済んだ。
20杯ほど釣った頃、船長が「どうぞ。」とアナウンス。
まだ仕掛けが底に届かないうちに、いきなり「上げてください!」

これはひょっとして・・・

案の定、情報が入り、遼船が大きな群れを発見したらしく、仕掛けを上げ一気に全速でそちらへ向かう。

このポイントでは、はじめの投入から8杯掛け。
仕掛けが底に付いた途端乗ってくる。もの凄い活性の良さだ。

20133201


そんな中でも、1つポイントがあった。
ヤリイカのセオリーみたいなことだが、ツノを激しく動かさないことだ。
これだけ活性が良いと、大きくしゃくって派手にアピールしたくなるところだが、1杯乗るまでは、そっと「ゆら~」と言う感じで乗せ、ゆっくり巻上げてくると、底から持ち上がってきた奴らが追い乗りしてくるような感じだ。

その内、活性はピークに達し、底について「ゆら~」で、ベタ、ベタ、ベタ!乗ってくる。
12本ツノに11杯。それも一番下のツノは、巻上げの途中で、メダイにやられて半身状態。
正確には11.5杯になるか?

20133203


イカの群れも大きく、一流しの時間が長く、とにかく忙しい。

多点掛けのポイントは、やっぱり「最初に一番上のツノにいかに乗せるか」なのかな?

釣果は、30~52cmのヤリイカが88杯、40cmのスルメが2杯、合計90杯と大漁!!


いつも厳しいイカ釣りを虐げられているだけに、一気にストレス発散!

疲れたけど、楽しい釣りだった。

|

« ”東京湾でブルルン体験をしちゃおう” | トップページ | 今週末のマダイ! 渋い。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日(3/20)御宿沖のヤリイカ。:

« ”東京湾でブルルン体験をしちゃおう” | トップページ | 今週末のマダイ! 渋い。 »