« 2010年9月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の9件の記事

2013年2月25日 (月)

土曜日のアジ釣りと、日曜日のマダイ釣り。

土曜日のアジ釣りは、東京湾、横須賀沖。

このところの寒さで、水温低下のせいか低調ぎみ、活性が低く、魚の反応はあるだが・・・

朝の内は、北風が強く、海も悪いが、ここ数日の寒風に鍛えられて、体が慣れてそれほど苦にならないから不思議だ。

2013223


釣り開始から、ポツポツと小型のアジ(15cmほど)が釣れだし、のちにサイズも中アジが主体に・・

下げ潮止まりの9時半ごろまでは、順調に釣れていたが、上げ潮に変わってからピタリとアタリがなくなった。

午前船は、13~28cmのアジが34尾。

午後からは、ずっと上げ潮。
いやな予感!

北風も収まり、海上は良いナギに。 
ポカポカ陽気で、この時季にしては最高の釣り日和なのだが、釣りのほうはやはり下げ潮の時のような活発さは無い。
渋い釣りが半日続き、結局、午前と同型のアジが17尾、イシモチが19尾。

特別良い釣果ではないが、これまでの低迷からは脱した感じがする。

そろそろ爆発か?


昨日は、東京湾、久里浜沖でマダイ。

朝、大島では20m近い南西の風が吹いているとか。

西風なので、出港直後はベタナギ。
ところが観音崎を回った途端、強風が一気に吹き付ける。

2013224_2


ポイントの久里浜沖は、西の強風とゴチャゴチャの波で釣りづらい。

キーパーにセットした竿は、大きく跳ね上がる。
ステンカンにコマセをギュウギュウ詰めにして、ちょっとやそっとじゃ出ないように調節する。

2013224


下げ潮が弛みだした午前10時半ごろ、船中第1号が左舷の大トモで0.5kg、続けて左舷ミヨシのAさんが続く。
こちらは、1.3kg位の良型。

それから、ものの5分もたたないうちに右舷ミヨシの私の竿にもヒット!
上がったマダイは、口の脇からハリが下に抜けている。完全な食い上げだ。

これは食いが立ってきた。

タナを1m上げ、下ではほとんどコマセを出さず、大きく跳ねる竿の揺れで海面からコマセを落とし込む作戦に。

タナを取ってすぐに2尾目がヒット!先程より少し小型で1kg位。
調子に乗って、今度はさらに2mタナを上げた。
またすぐにヒット!上がって来たマダイは0.5kgとさらに小型化。

活性の高い魚が上昇して喰ってくるので、上へ上へと魚を持ち上げたほうが釣れるのだが、先頭を切って上がって来るヤツは小型が多いようだ。

最盛期ならデカイヤツが一気に上に持ち上がっててドカン!と来るのだが。

あまりチビでは・・・と思い、2m下げた。

今度はすぐに1kg位のイナダ。

続けて同じタナで投入すると、またすぐにヒット!
今度は、0.8kg位のマダイ。

まさに、入れ食い状態!!

マダイ4枚にイナダ1本。

たった30分間の出来事だった。


それから、上げ潮が効き出し、納竿の午後3時まで全くアタリがなかった。

船中4人で0.4~1.5kgのマダイが0~4尾。1kgのイナダが各1本。という釣果だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

初島沖。順調!スルメ、ヤリイカ。

昨日は、小田原厚木道路の出口付近から、雪が降り出し、出港前の真鶴港は、霰の粒がパラパラ降っていた。
予報では「穏やかな晴れ」のはずだが。

案の定、初島沖のポイントに着く頃には、まだ雲は多いものの、ほとんど風もなく、絶好のナギ!

1


しかしイカの反応が無いのか、なかなか船を止められない。
一時間ほど膠着状態が続き・・・・

突然乗り出した!

事前情報だとほとんどがスルメイカと言う事で、18cmのプラヅノの直結仕掛けでスタートするが、シャクリ上げながらタナを捜すのが結構きつい。(体力的に)
電動シャクリでも息ハアハア。

2


投入の度に乗ってくるが、1~最高でも4杯。 このペースならブランコでも・・・
スルメを20杯ほど取ったところで、14cmのプラヅノ×12本ブランコ仕掛けに変更して、高齢者らくちん釣法に切り替える。

下から探り上げてくるのではなく、上から落とし込んでタナを探る。
ブランコ仕掛けなので、下のツノがイカに止められてしまい、上のツノまで乗らないデメリットはあるが・・・
体力的には、だいぶ楽だ。

一応、この釣り方ように工夫はしている。
下のツノはできるだけ、目立たない地味なカラーに・・・(気休めだが)
多少さわりや止めが入っても無理やり落す。(これは加減がわからないと仕掛けが絡む)

ブランコにしてから、途中でスルメに捕まらないで、底まで落ちた時は結構ヤリイカが乗ってくる。

イカの反応が多くなってきたのか、船の移動時間が短く、船上干しのイカを捌くのも忙しい。

3


この海域でやっている船宿さんのほとんどが、スルメイカ主体の情報なので、18cmの直結仕掛けが多いためか、
また、ブランコ仕掛けは途中でスルメに止められてしまうから、ヤリのタナまで届かないためか、釣果はスルメ主体だが。
底付近には、結構ヤリイカも多いのでは・・・

ちなみに最後の一投では、マルマル太った絶品メスのヤリイカが、7杯連なった。

結局、スルメの数が伸びなかったが、合計70杯。そのうちヤリイカが14杯。


久々に暖かく、良い陽気で釣りができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

スルメ好調! 間に合うか?

初島海域のスルメイカが、一気に乗り始めた。

真鶴の国敏丸では、一束近い釣果。

すぐにでも行きたいのだが、明日は雨。

明後日まで、絶好調が続いているだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居ても、喰わない。

昨日も、懲りずにアジ釣りに・・・

ここ数年、この海域でこんなに長く不調が、続くことは珍しい。

アジの反応は、あちこちに結構あるのだが、まばらで大きな固まった反応はないようだ。

釣りをしていても、竿先を「チョン。」と触るようなアタリがたまにあるが、針掛かりするまで喰いこまない。

完全に活性が低い。

釣れた時のアタリも、竿に微かなモタレや異変があり、その後は無反応なのだ。
初めのアタリを見逃すと、魚が付いているかわからない。

20132101

午前便では、何とか17尾釣ったものの、午後便は3尾。
もっとも、午後は一発勝負で元第3海堡のあった場所まで移動したので・・・
ところがこちらでも不発。

たまに釣れてくるアジも痩せて、とてもこの海域のアジとは思えないほどだ。

やはり、水温の低下が原因なんだろうか?

たかがアジ釣りとお思いだろうが、人より余計釣ろうと思うと、本当に奥が深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

過酷!アジ釣り。

今日は、本当に寒かった!

そして、アジは渋かった。

北風が強く、
港からポイントまで、ほんの10分くらいの航程なのだが、船の舳先はバッタン-バッタン!!叩きっぱなし。

東京湾内の波は、波長が短く波形が鋭い。
また、大型船の引き波が複合して、いきなりデカイ波が来るので、釣りにくい。

20132162


そして、アジの喰いは激渋で、竿先が「クン!クン!」と微妙に動く程度のアタリしか出ない。
大きく揺れる船上で、このアタリを取るのは至難の技。というより、釣りに集中できる状態ではない。
容赦なく吹き付ける凍るような強風で、手がかじかんで痛い。
ポケットに手を突っ込んで、ほとんど置き竿を決め込む。

アジは、20~25cmが6尾。

それでも、25~30cm位のイシモチが20尾釣れた。船の揺れがうまい具合に誘いになり、飛びついてくるのだろう。

結局、船中6人で15~25cmのアジが、0~6尾。

本当に厳しい釣りだった。

もう、こりごり。と思いつつ、また明日リベンジしょ。


早くお風呂に入って解凍されたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

ルアー船

今日は、太田屋さんからサゴシ(サワラ)狙いで観音崎沖へ・・・
一昨日、7.4kgのブリが釣れているので、何とかあやかろうと。

朝の内は、北風が強く、海も悪い。
何より寒さがこたえる。

20132123


フルタイムでのジギングは体力的に持たないので、12時までキャビンの中。
ここ数日、上げ潮でしか喰わないようなので、潮止まりまで体力温存することに。

釣りを開始する頃には、風もやみ、海も穏やかになっていた。

ところが釣りの方は、ベイトの反応が無く、なかなか船を止められない状態。

後半、やっとベイトの反応が出始めた。どうやら、下が青アジで上がサバのようだ。

海底近くの、ホーリングで当った。
「グイグイ」結構な力で引っ張るので、ひょっとして・・・と思ったが案の定、サメ。

終了間際に青アジが、でっかいジグに引っ掛かってきただけで、船中7人惨敗。

ベイトが多いので、まだ、この界隈にブリはいるはずだ。
ちょっとした潮の変化で喰ってくるのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

FIN-NOR light リール

久々にライトリールのOH。
依頼品は、かなりの年代物で、あちこちに電蝕が・・・
ドラグ板はアスベスト製で、だいぶ前から環境問題で使用できなくなっている素材だ。

2013211


ドラグ板は磨り減っているが、マグロ釣りに使用するとのことなので、ファーストランはローテンション。
熱を持つ心配はない。
数箇所手は入れたものの、これだけの時を経ても、さすがFIN-NOR。
組み上げてみれば、何の問題の無い。

20132122


長く使える釣り道具を持つことは、アングラーの最大の武器だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久里浜沖マダイと小柴沖アジ

一昨日は、久里浜沖のマダイ狙いで出船。
朝の内は、北風が強く寒い。手がかじかんで、エサもろくに付けられない。
ポイントは、水深75~80m位。
釣り開始一発目から、右舷トモにいた、Aさんにヒット!小型ながら本命のマダイ。
魚を取り込んで、投入するとすぐに連続ヒットだ。
しかしこちらはハナダイ。
2013292

今日は、マダイが入れ食いになっちゃうかも?と期待するが、やはりそう甘くは無い。その後まったく魚信が途絶える。
一時間ほどして、速かった下げ潮がいくらか緩くなった時に、こちらの竿にもようやくマダイが・・・
約一kg位の綺麗な魚。
いい加減ほっぽらかして置いた竿に来たので、釣ったというよりは「釣れた。」と言う感じだ。
また一時間ほど膠着状態が続き、さっきよりも少し小ぶりの700gのマダイが上がった。
これも、偶然と言うような釣れ方で、水温が低いせいか本当に食いが渋い。

201329

結局、3人でマダイが0.4~1.2kgが3枚、ハナダイが1枚という、寂しい結末に・・・・
ただし、今のマダイは脂が乗っていて食べるには絶品。
やはり苦労しないと、旨いものは喰えないのか?


昨日は、金沢八景の沖でアジ釣り。
前日までの寒さが嘘のように、暖かな陽気。風の弱く絶好のナギだ。
3日前に(半日やって7匹)という悲惨な釣りをしているだけに、どうなるか興味深々。
釣り開始から1時間30分で、2匹。
「またやってしまうのか!」と思ったら、途中から潮が澱みはじめ、一気に喰いが立つ。
この時とばかりに、一気にたたみ掛け、午前便終了までに40匹確保。
2013210


この1週間で、100匹以上釣れる日もあれば、一桁の時も・・・
「なぜ?」その一言に尽きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

再開します。

長い間、ご無沙汰しました。2年半ぶりに海ろぐ再開いたします。

お休み中に、アクセスして頂きました皆様には、深くお詫び申し上げます。

特別何があったという訳ではないのですが・・・

今年に入ってからの釣りは、相変わらずマダイ、アジ、ヤリイカなど。
マダイは大型がほとんど出ず低迷。

アジは、今週の火曜日金沢八景の太田屋さんから出て、午前105匹、午後56匹と爆釣。
しかし、今日は午前7匹といきなり低迷。

20132


これから、ぼちぼち更新していきますので、暇があったらアクセスして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2013年3月 »