« 式根島 | トップページ | ヤリイカ 真鶴 国敏丸 »

2010年8月27日 (金)

東伊豆沖のマグロ

            (写真追加しました。)

昨日、伊東港の妙法丸さんから、マグロ狙いで出船した。


10825_3


メンバーは、大魔神こと佐々木さん、夫人の榎本加奈子さん、そして野々村真さん。

6月頃から、東伊豆沖の海域には、20~80kgの本マグロ、キハダマグロが回遊している。

朝、川奈でエサのサバを釣ってから、ポイントに走る。

ところが、このサバが渋い。 初めの投入で喰ってきたものの後が続かない。

ここでのエサ釣り担当は、大魔神とマコちゃん。2人とも2匹つづ釣ったら、パタリと食いが止まった。しばらく頑張ったが、周囲は完全に明るくなり、マグロ狙いの好機を逃してしまうということもあり、とりあえず4匹のサバで、ポイントへ向かう。


108252_3

途中、結構派手なトリヤマを発見。
しかし、マグロは跳ねない。 カツオがシラスを喰っている。 ルアーを投げてみるが、完全にナブラの中に入っても反応なし。
喰っているエサがシラスだけに、大型のルアーには反応しない。
ジグに一度掛かりかけたが、フックアップしなかった。
時間がなくなるので、早々にあきらめ、さらに南へ向かう。

いつも鳥が多い海域だが、今日はほとんど鳥が見えない。

これでは、マグロの跳ねは期待できないと、船長は潮目から流し始めることにした。

水温は25℃、水色は暗い。
ここ数日で、キハダはほとんど抜けてしまったようだが、クロマグロはまだ残っているようだ。
3日前には、この船でも48kgをキャッチしている。


108251_2

この釣りは、ただひたすら待つ釣り。

無線からは、他船のダメだという声ばかりが流れる。

照りつける太陽の下、時間だけが過ぎて行く。

とうとう釣り終了の時間まで、全くアタリなし。

総ボウズと言う結果に・・・・

マグロのいる海域で、マグロを狙えるだけで私は大満足だが、あの大迫力のファイトを見せてあげたかった。

(詳しくは、9月1日付けの日刊スポーツ紙面で)

今週末のトローリングは、船体整備のため中止になった。

|

« 式根島 | トップページ | ヤリイカ 真鶴 国敏丸 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東伊豆沖のマグロ:

« 式根島 | トップページ | ヤリイカ 真鶴 国敏丸 »