« 東伊豆沖のマグロ | トップページ | 昨日のハゼ。 »

2010年8月31日 (火)

ヤリイカ 真鶴 国敏丸

昨日は、ストレスの溜まる釣りになってしまった。

猛暑の続く中、今年はもうヤリイカが乗り出した。
前日は、トップで90杯近い釣果。型はまだ小さいが、食べるには最高のイカだ。

朝、真鶴前で2流しして、スルメとヤリが型を出した程度で、初島へ向かう。


108301_2

水深は100m前後と浅く、小型ながらヤリイカのアタリもガッガッ!とハッキリ出る。
ところが、竿先に少し重量感を感じながら上げてくるが、途中でばれてしまう。
イカの身が柔らかく、巻き上げ途中で身切れしてしまうのだ。

投入の度に乗るのだが、ほとんど上がってこない。
巻き上げ速度を遅くしても、ダメ。

運よく足の元や身にしっかり掛かっている時は、取り込めるのだが・・・


10830


   

アタリは強くかなり攻撃的な感じだ。しかしツノを動かし過ぎると乗ってこない。まるでマルイカのようだ。

ツノを止めて抱かせるような釣りをしていたせいか、毎回乗せる事はできるのだが、掛かりが浅くばれてしまうようだ。

乗りが活発になれば、いい所に掛かってくるだろうと、我慢して続けるが、とうとう一日中この調子で終わってしまった。

この日の竿頭を先ほどHPで確認したら35杯だそうだ。
船長に釣果を聞かれ「言いたくない。」といった私は12杯だった。

最後まで、イライラの釣りだったが、これが釣りの面白さなのだ。

どうやったら、渋いヤリイカを攻略できるか・・・
今はそればかり考えている。

ちなみに、初島周りはスルメの産卵期のため、9月一杯は禁漁となるので、リベンジは真鶴沖になりそうだ。

身の柔らかさが苦戦の原因だが、皮肉にも食べる時は、これが最高にうまいのだ。

|

« 東伊豆沖のマグロ | トップページ | 昨日のハゼ。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤリイカ 真鶴 国敏丸:

« 東伊豆沖のマグロ | トップページ | 昨日のハゼ。 »