« 羽田のハゼ | トップページ | アジ釣り   »

2010年7月 5日 (月)

ハゼ~カジキ

先週の金曜日は、前日に続き羽田の陸っパリで、午後3時から2時間ほどハゼ釣り。

結果は、7~10cmと小型ながら60匹とまずまず。


土曜日から日曜日にかけては、クルーザーでカジキを狙う。
初めは三宅島付近まで走る予定だったが、前日からいい潮が下田沖まで入ってきたので、神子元周辺のアオネを流す。

多少波っ気があり、時折ビューという風とともに高波と豪雨がくるようなコンディション。

いきなり来た! 

四本目の竿を流そうと準備しているうちに、ロングのダイレクト(右舷)のルアーにカジキが飛び掛って来た。

ルアーポジションを確認している最中だったので、カジキがチェイスしてくるところから、バイトするまでハッキリを見えた。

デカイ! どうみても200kgはありそうな巨体。

リールのクリック音が鳴り続け、400mほどで一度止まり、少し巻ける様になったが、次に走り出してから止まらない。

80lbのテンションをものともせず、あちらを向いたままラインを引き出していく。

アングラーはカジキ釣りが始めて。
その上、船がサロン艇なので操舵席から、下の様子全く見えない。

中間で、実況中継をしてもらいながらの操船。

しかし、ラインは出る一方で全く巻ける状況ではない。

それほどスピードは無いが、物凄い力でラインを持っていく。

リールのラインが残り150m位になった時、「ブッチン!」と音を立てて、ラインブレイクした。

ドラグが熱を持ちスプールまで熱くなり、ライン強度を弱らせたようだ。
リールに残っているラインを見ると、熱でザラザラになっていた。

その後もしばらく流すが、ノーヒット。
明日は予報が悪いので、もう一本引っ掛けたかったのだが・・・


この日は、下田泊まり。


案の定、日曜日は西風が強く波も高い。

1074

真夏のような青空なのだが・・・

ゆっくりと、ホテルで朝食を取ってから、10時に出航。

海が悪く、釣りを出来る状況ではないので、そのまま剣崎に向ける。

途中、沖の山付近で波もいくらか落ち着いて来たので流してみるが、イルカや3頭のクジラが潮を吹きながら、挨拶に来てくれただけでノーヒット。

結局、今回の釣行はラインブレイク一本のみ。

まだまだシーズンはこれから、今年のカジキは楽しみだ。

「極端過ぎませんか?」と人に言われて気づいたことだが、夏になると10cmにも満たないハゼと100kgを超すカジキ釣りを交互にやっている。

魚の大きさに関係なくどちらも面白い。そしてどちらも難しい。

|

« 羽田のハゼ | トップページ | アジ釣り   »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハゼ~カジキ:

« 羽田のハゼ | トップページ | アジ釣り   »