« 第11回マダイ釣り教室 | トップページ | 大島、千波沖でのトローリングについて »

2010年6月14日 (月)

マダイ、ボウズ。

このところ好調だった東京湾のマダイ。

おとといの釣り教室では、剣崎沖にマダイの反応がかなり出ていた。
講師だったので、釣りが出来なかった。そのストレスを晴らしに昨日太田屋さんから、しつこくマダイを狙う。

ところが、剣崎沖はカンカン潮で、水温は22度。前日より2度もアップ。水色も澄んでカツオが入って来てもおかしくないような潮。
まるで前日とは様相が違う。
この時季の潮温の上がりは微妙で、良い方に出ればいいのだが・・・
今まで、そこそこ喰っていただけに不安が残る。

悪い予感は的中。
釣り終了の30分前まで、船中総ボウズでアタリなし。

終了間際に右舷2番の釣り人に0.5kg、そして左舷ミヨシに3kg、続けて右舷ミヨシで2.4kgが上がった。

もう少し時間があれば、こちらまで突っ込ませる手立てもあるのだが、なにせ食いだした時間が遅すぎる。


あらゆる手を尽くしたが、こちらは残念ながらボウズ。

全力を果たしたが、なぜか一日中「釣れる。」と思える瞬間が一度もない、不思議な一日だった。


今日は「神が殺生をするな。」と言う戒めだと思い、諦めるしかないのか・・・

|

« 第11回マダイ釣り教室 | トップページ | 大島、千波沖でのトローリングについて »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マダイ、ボウズ。:

« 第11回マダイ釣り教室 | トップページ | 大島、千波沖でのトローリングについて »