« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の6件の記事

2010年4月30日 (金)

真鶴沖のヤリイカ。

今日は、急遽、真鶴の国敏丸さんからヤリイカ釣りに行くことに・・・

終盤の大型ヤリイカは爆釣!

20104301


朝から5~7杯の入れ乗り、200mを超す深場ということもあって、疲れ果てた。腰痛持ちにはキツイ一日だった。

後半、失速したものの、50~60cm級を49杯。

20104302_2

持って行ったクーラーに入らないと判断し、沖干しにした。

明日からカツオ狙いで、トローリングに出かける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

初ガツオ入る。

今年は、黒潮が野島崎に向け突っ込んできているため、例年に無く早い時季に相模湾に初ガツオが入ってきた。

ベイトはシラスを追っているらしく、ナブラの大きさの割りにヒットが難しいようだ。


5月1日~3日まで、大島泊まりで、クルージングがてら流してみる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

アナゴ

今年のアナゴは、「アタリ年!」との前評判を聞き、早速川崎のつり幸さんから、出撃した。

昨晩は、東の風が強くて寒いの何のって・・・   

Photo


出船前に悲しい出来事が・・・ 30年間使用していた、セミ鯨穂のアナゴ竿が折れてしまった。まだ20代の頃に本漆で自作した竿だ。急遽、一本はスピニングリールの貸し竿を借りての釣りとなった。
一本は手バネなので、釣りをしててもなにかアンバランス。

20104_0371

偶然、大物釣り師の田原さんと遭遇。


・・・で釣果の方は、竿頭が19本。私は、スポーツ紙の取材のため、フルタイムできなかったが(言い訳)10本とまずまずの釣果。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

第9回 マダイ釣り教室

昨日は、金沢八景の太田屋さんでのマダイ釣り教室。このイベントも月一度の開催で、今回で9回目となった。
当初は、参加者が集まるか?心配されたが、やってみるとなかなか好評で、毎回、募集開始とともにすぐに募集数に達してしまう。スポーツ紙での告知のせいか、普段釣りをやらない人の参加が目立つが、初めて釣りを経験する人でも、結構マダイを手にすることができる。
この中から、何人でも釣りを趣味にしてもらえる人が出てきてくれれば幸いだと思う。

昨日は、前日からの水温低下のせいか、この時季にしては食いが渋かった。
それでも、船中12人中、全くの初心者が8割だったが、0.7~2kgが4枚。内2kgが2枚という釣果だった。
後半、水温上昇の兆しがあり、定刻までやっていた乗り合い船では、終盤大型の食いが立った。
「明日は狙い目か?」と思って乗るつもりだったが、今日は急遽、夜アナゴ釣りの取材に変更。

「今年はアナゴのアタリ年」とも言われるているが、さてどうなるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

マダイ。久里浜沖もノッコミ突入!

昨日、金沢八景の太田屋さんから、マダイ狙いで久里浜沖に出撃。
今週初めから、ノッコミの荒食いが始まり好調の気配だが、この日は真冬並みの寒さ。前日からの気温の低下で海面水温もダウン。

多少食い渋りの状況だが、右舷胴の間で1kg弱のマダイを5枚、同型のハナダイを1枚と、小型ばかりだったが、まずまずの釣果。

ここ数年、マダイのノッコミはダラダラ状態で、「いつ、ノッコミだったの?」と言うようなことが多かったが、今年は一気に荒食いが始まった。
明日のマダイ釣り教室は、好釣果が・・・・

久里浜沖は、水温上昇とともに型物も期待できる。

先日の富浦沖と共に、東京湾のマダイはここ数日、目が放せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

大型マダイ。大爆釣!! 富浦沖

昨日の富浦沖は凄かった!

スポーツ紙の取材で、大魔神、佐々木主浩さんとタレントの野々村真さんと、千葉県富浦港の第三共栄丸からマダイ狙いで出船。

104202


ノッコミ最盛期とあって、大型マダイに期待はしていたが、「こんなに釣れていいの?」ってくらいの釣れっぷり。

佐々木さんは、何と12枚。野々村さんは3枚。たまらず私も竿を出し、4枚キープ。3人で19枚。
好調な時なら、このくらいの数はでることがあるが、すごいのは19枚中3kgオーバーが13枚も・・・・最大は4.9kgと信じられない釣果。
104201

大型マダイが立て続けに置き竿を引き込む光景は、まさに圧巻!

今年のノッコミは、まだまだ期待できそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »