« 外房のマルイカ爆釣! | トップページ | マコちゃん、マダイで大魔神を制す! »

2009年5月10日 (日)

ロングラン!真鶴沖のヤリイカ。

今年は、マルイカにしても、ヤリイカにしても、好調に釣れている海域は限定されている。

相模湾や内房では低調なマルイカも、外房では例年ないほどの釣れっぷり。ヤリイカも例年なら、とっくに終わっている真鶴沖で、大型が釣れ続いている。

先週、真鶴港の国敏丸からマダイ船に乗った。現在この海域でのマダイは絶不調なのだが、それでも何とか一枚位は・・・と甘い考えでいた。

朝一のチャンスで、大型のアジが釣れて来るがマダイは不発。一時間ほどたって、ふと横をみると、ヤリイカ狙いの別船がすぐ隣を流している。水深は約80m。「ここでヤリイカ乗るの?」船長の国さんに聞いてみると、「乗るよ。手アマの道具があるからやってみれば。」ありがたい御言葉に、マダイを早々に諦めイカ釣りにチェンジ。

ヤリイカを手釣りでやるのは、初島周りの夜釣りで盛んに釣れていたころ以来15年ぶりだ。

何も考えずに釣り開始。ところが、右手でツノを掴んでいくと、幹糸が絡む、絡む。こんなはずでは・・・と繰り返すが、昔やっていた手返しが全くできない。しかたなく、12本あったツノを7本に減らし、やっと感覚が戻ってきた。すったもんだ、しながらも、一時間半ほどで大型のヤリイカとニセイカ(小型スルメ)が18杯釣れた。

右掌にカンナがあたり痛かったり、手繰り上げは辛いけど、やはり手釣りは面白い。100m以下の水深でヤリイカを釣るチャンスが、ほとんどないため、なかなか出来る機会が少ない。

「だれでも簡単に楽に釣れる釣り」が流行っている今、時代錯誤といわれるかもしれないが、「ある程度鍛錬して、体が覚えないとできない釣り。」が消えていくことに寂しさを感じる。

ちなみに、手釣りの感覚を取り戻そうと翌々日、国敏丸のヤリイカ船に乗ったが、釣り客が多く、手釣りは断念した。

090510 現在、真鶴沖で釣れているヤリイカは、40~50cmを超す大型がほとんどで、産卵期を終えた身の薄いものが半分くらい混じるが、まだ身の厚いイカも多い。この日のトップはニセイカが10杯ほど混じったが、40cm以上のヤリイカが88杯だった。

終盤のイカなので、味の保証はできないが、港から目の前のポイントで大型が、ガンガン乗ってくる。手返しのトレーニングには最高の釣りだ。

|

« 外房のマルイカ爆釣! | トップページ | マコちゃん、マダイで大魔神を制す! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロングラン!真鶴沖のヤリイカ。:

« 外房のマルイカ爆釣! | トップページ | マコちゃん、マダイで大魔神を制す! »