« 大魔神。強風の中、ヒラメ釣り。 | トップページ | マダイ!いよいよ、乗っ込み。 »

2009年3月26日 (木)

ヤリイカ三昧!

このところ、連日イカ釣りばかり・・・

昨日も、日刊スポーツの取材で、保田港の村井丸さんから出漁した。

はじめ、洲崎沖の水深100m前後を攻める。

いきなり来た!が1杯のみ。効率は悪いが入れる度に乗ってくる。ここでも十分釣れそうだが、30分ほど流したところで、白間津沖まで約1時間の移動。大群れは、東に移動したようだ。

こちらのポイントは、水深100~140m。「水深120mで、反応は60~100mの間に出ています。」と船長のアナウンス。イカの反応は、かなり上まで出ているようだ。仕掛けを投入して、50m位ラインが出たところで、サミングしてスローで落とし55m(仕掛けの真ん中が60m)でストップ。「フワァー。」と道糸が弛んだと思った途端、「ズン、ズン」と追い乗りしてくる。何と、真昼間に60mでヤリイカが入れ乗りになるのだから効率が良い。

こちらのポイントに着てからは、ほとんど、乗りっぱなしだったが、サバに邪魔される時間もあり、結局、ヤリとスルメで98杯。と上出来の釣果だった。

村井丸は、まだヤリイカ船を始めたばかりで、ほかのヤリイカ船の流し方とは、ちょっと違う。

いつもヤリイカをやっている人には違和感があるかもしれないが、反応を見つけて「ブンッ」とゴースターンをかけ「はいどうぞ。」とういう流し方ではない。ソナーを装備しているため、群れの移動の方向や早さを察知し、慎重に船を立てる。群れに先回りして仕掛けを投入するのだ。

「始めたばかり」ということもあって、釣果を出している割には空いている。お勧めの船宿だ。

|

« 大魔神。強風の中、ヒラメ釣り。 | トップページ | マダイ!いよいよ、乗っ込み。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤリイカ三昧!:

« 大魔神。強風の中、ヒラメ釣り。 | トップページ | マダイ!いよいよ、乗っ込み。 »