« ヤリイカ。白浜沖へ・・・ | トップページ | ヤリイカ三昧! »

2009年2月17日 (火)

大魔神。強風の中、ヒラメ釣り。

昨日、伊東港の妙法丸さんから、ヒラメ狙いで出た。

午前5時30分、港に着いて車から降りると、西の強風が吹き荒れている。どこかにつかまっていないと吹き飛ばされそうな勢いだ。先着していた大魔神(佐々木氏)も「吹いてますね~」と何時になく弱気。一昨日ジャマイカから帰ってきたばかりで、まだ時差ぼけも直っていない状態。一方、船長は「風裏を選んで行くから大丈夫だよ。」と平静。

このところ、「数は少ないが釣れれば大型が多い。」という言葉に気合が入る。

港から15分ほどの山陰でスタート。時折、山を回ってきた風が、ビューと恐ろしいほどの音をたてて吹き付けるが、海面はいたって穏やか。

中羽の生きイワシを付けて投入。水深は30m前後で下潮はほとんど動いていない状況。しばらくして大魔神にアタリがきた。慎重にあわせのタイミングをうかがっている様子だ。少しききながら、合わせると竿先に重量感が伝わる。ヒラメか?の期待むなしく、上がってきたのは、40cm位の立派なホウボウだ。続けてこちらにもアタリが、合わせて巻き上げるが、ぜんぜん引かない。顔を出したのは、500gほどのオニカサゴ。

その後もアタリは、飽きない程度にあるものの、上がってくるのはホウボウばかり。

魚探には、どこへ行ってもイワシの反応がびっしり出ている。ヒラメはイワシを散々食べて腹いっぱい状態なのだろうか?

とうとうヒラメは型を見ず、諦めることに・・・・

大魔神は「悔しいから、またここでリベンジしましょう。」と相変わらず執念深い。

たくさんのホウボウとオニカサゴをクーラーに入れ、「今日は、マコちゃんを呼んで、これから料理人に徹します。」と切り替えも早いのだ。

|

« ヤリイカ。白浜沖へ・・・ | トップページ | ヤリイカ三昧! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大魔神。強風の中、ヒラメ釣り。:

« ヤリイカ。白浜沖へ・・・ | トップページ | ヤリイカ三昧! »