« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の4件の記事

2009年1月28日 (水)

洲崎~布良沖のヤリイカ絶好調!

昨日、勝山港の宝生丸さんからヤリイカ狙いで出漁した。

前日まで吹いていた西の強風も収まり、海上はいい凪。とコンディションは最高。

初めは、洲崎沖でスルメイカを狙うということで、18cmのプラヅノの直結仕掛けでスタートする。いきなり良型のスルメイカが3杯付いた。次の投入では、途中でスルメに止められる。「ズン!ズン!」と追い乗りしてくる様子が伝わる。竿は手元までこれでもかと曲がるほどの重量感だ。派手にしゃくりながら上げてくると、「バシッ!」バットの前から竿が折れた。道糸も切れてファーと軽くなり、何とも情けない。実はこの竿、ワンピースの大物竿を途中から切って、バットに差し込んだだけのもの。竿の調子を見たくて、ちょっと使ってみたのだが、見事に折れた。

この日は、これがケチの付き始め。なにをやっても裏目に出る。サバが多いから直結に換えて、底まで無事着底。ベタ、ベタ、ベタとヤリイカを大量に乗せる。正解!と思った途端、となりのブランコに掛かったサバに回られて、オマツリ。解いている内に全部外れて・・・  こんなことの繰り返しだ。イカ釣りはタイミングが狂い出すとどうにもならい。

それでも今日は日刊スポーツの取材。ぶざまなまま終わる訳には行かない。気を取り直し何度も仕掛けを換え、なんとかペースを掴み、後半は8杯、9杯の入れ乗り状態。

結局、スルメ10杯、ヤリイカ60杯の計70杯。竿頭は右舷大ドモの102杯。遠く及ばないが、中盤までのギクシャク状態と釣り座を考えれば上出来の釣りになった。

とにかくこの日のこの海域のイカの数は半端じゃない。

イカ釣りだけに何時まで続くかわからないが、今のところ絶好調だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

アジ好転!

釣りとは本当に分からないものだ。

先週、初釣りで行ったアジ釣りだが、先週の土曜日には入れ食いになったそうだ。

前回、魚の反応はあるけれど、食ってこないという状況だったが、あの魚達が水温が安定したためか、活性が上がり、一気に入れ食い状態に・・・

サイズも良く、2人で100尾以上の釣果だというのだ。

釣れたからといって、「それ!」と行くとまた不漁に・・・といやな予感がする。釣りはタイミングが狂い出すと、ツキから見放される。

自然相手だけに、運を天に任せるのみ。

この辺で、年末からの悪循環を断ち切りたいのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

初釣り

今年の初釣りは、東京湾のアジ釣り。昨年12月の中旬に行ったときは絶好調で、午後釣りで106尾という釣れっぷり。暮れにいくらか食いが落ちたという情報だが、「それでも、そこそこは・・・」と甘い考えで出かけた。

ところが、西風続きで水温が極端に下がったせいか、まったく食わない。釣り開始から良型のメバルが連続して釣れてくるがアジはさっぱり。メバルが食ってアジが食わないと言う事は、水色も澄み潮になっているのだろうか。

魚探には反応が出るのだが、「居ても食わない。」という厄介なヤツだ。

何とか、誘いを掛けたり、あのテこのテで一生懸命やって、23~28cmのアジが8匹。と情けない釣果。それでも、船中7人の中ではトップなのだ。

ただし、良型のメバルが多数釣れて、乗船客は皆満足。

アジはその晩アジフライに。メバルは煮付けとアジの代わりに干物にしてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます。

今年も「海ろぐ」をよろしくお願いいたします。

ところで、昨年の釣り収めですが、昨日真鶴からマダイ狙いで出船。我々3人と船長含め4人とも見事に総ボウズ。

大晦日は、もう20年位、ここの釣りで〆ているがマダイのボウズは初めて・・・

090101_2

魚は釣れなくても、2008年最後の夕日は綺麗だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »