« ヤリイカエサでワラサ。 | トップページ | 今日も真鶴に。 »

2008年10月19日 (日)

一昨日のワラサ釣り。

前回のヤリイカ釣りから一日あけて、一昨日も真鶴の国敏丸からワラサ釣りに出かけた。

むらのある日もあるが、もう2ヶ月近くも釣れ続けている。

この日は極端に食いが悪く、ほとんどの船が苦戦していた。

ところが、我が国敏丸の竿頭は6本も釣っているのだ。なぜかこの人にしか喰わないのだ。仕掛けは船宿製の6号7m。決して細い仕掛けを使っている訳ではない。お世辞にも釣りなれている人には見えないのだが・・・そして釣り座も潮下ではないように見えるのだが。

あとで船長の国さんと底潮を上潮の関係を分析した結果、納得のいく結論が出た。勝手に二人でそう思っているだけなのだが・・・

活性の悪い時のワラサは、警戒心が強くなり、太いハリスでは喰わなくなる。ところが現状はワラサが一番最初に見つけたエサに飛びつき、一尾掛かると散ってしまうのだ。普通は初めに見つけたエサも、ハリスが太いと喰わないのだが、6号でも8号でも喰ってくるのだ。

何日か前の記事に書いた覚えがあるが、自分の仕掛けのところに魚を寄せられないのだ。前回のようにまだ、そこそこコマセに反応してくれれば、タナ取りやコマセの撒き方で工夫できるのだが、今のところ、潮下の人の道具が上がっているチャンスを狙う位いしか、なすすべが無い。

「何か方法は無いか」頭の中はフル回転でこのことばかり考えている。

ちなみに午後船は、ビギナーの仕立てで手間をすることになった。この時も8号6mのハリスで同じ人だけがワラサを2本獲っている。この人の釣り座から考えても、「あの分析は正しい!」と自分なりに確信した。

「釣れなくなったワラサ釣り」 本当に面白い!

|

« ヤリイカエサでワラサ。 | トップページ | 今日も真鶴に。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一昨日のワラサ釣り。:

« ヤリイカエサでワラサ。 | トップページ | 今日も真鶴に。 »