« 久料のマダイ | トップページ | ヤリイカエサでワラサ。 »

2008年10月14日 (火)

ヤリイカ

ヤリイカが釣れだした。

先日、取材に行った魚磯丸の船長の話では、石花海で早くも束釣りした僚船もあるとのことだ。また、洲崎でもそこそこの釣果が出ている。

と言う事で、昨日は真鶴沖にヤリイカを狙って出漁した。乗船したのは、いつもの国敏丸。このところのワラサフィーバーで、通年イカをターゲットにしている息子のマー君の船も、ワラサ狙いで出ていたのだが、数日前からヤリイカを始めた。

ポイントは港から15分ほどの真沖で水深80~170m。北東の風がそよそよ。天気は、初めのうち曇っていたが、のち穏やかな晴れ。と申し分ない条件。

朝の第1投目から来た。プラヅノ11cmのブランコ仕掛けに、同長20~30cmほどのヤリイカの三点掛けだ。8本ツノの一番上と2番目、そして真ん中あたりツノに乗ってきた。

0810101_2「今日は、行けるかも・・・」と欲の深い私は、2~3回しゃくってから掛かってきたのだから、かなり上まで上がっているはず。ならばと思い10本ツノに変える。ところがこの後がポツポツ状態に。「欲をかくとろくなことは無い。」

イカの乗りはイマイチだが、イカ釣りのほかに、朝からたくらんでいた事がある。

0810102出港前に網から上がったばかりのカマスをおみやげに頂いた。「こいつを開いて、この綺麗に晴れた空、さわやかな風で干したら・・・」さぞかし旨い干物ができるだろう。微妙な塩加減にこだわり干し始めたら、ほかのお客さんも干し始め、船上は”イカのカーテンン”ならぬ”カマスのカーテン”に。隣にいたイカ船は「なんだ、あれは!」と目を丸くしていた。

その後も仕掛けを 竹ツノの直結に変えたり、手は尽くしたが、笛吹けど踊らず。尻つぼみの結果に。

結局、ヤリイカが17杯、スルメが1杯という惨敗・・ちなみに竿頭は36杯。

このところワラサばかりで、せわしない釣りが続いていたが、のんびりと楽しい釣りができた。

ところが、これだけでは終わらない。

釣ったイカをエサに泳がせ釣りでワラサをやろう!と言うことになり、お客さんを港で降ろしてから再出撃。イカ釣りの鬱憤は晴れるか。

続きはまた・・・

お詫び

前回の記事で日刊スポーツの掲載日を土曜日としましたが、紙面の都合で掲載が遅れましたことをお詫びいたします。

|

« 久料のマダイ | トップページ | ヤリイカエサでワラサ。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤリイカ:

« 久料のマダイ | トップページ | ヤリイカエサでワラサ。 »