« また、ワラサ。 | トップページ | ヒラマサバリ。 »

2008年9月27日 (土)

仕掛けの話

このところ、ワラサ釣りの記事ばかり更新しているせいか、この釣りに関しての質問が多いので、簡単に記させて頂くことにした。

私が、ワラサ釣りの仕掛けで一番心がけているのは、「シンプル」であること。オマツリの多いこの釣りでは、「いかに、オマツリの確率を減らすか。」また、オマツリしたら、「いかに早くほどけるか。」が重要なポイントなのだ。

0809261 そのために、ヨリモドシの類は最低限にし、テンビンもできるだけシンプルな物を使う。例えば、テンビンのアイの折り曲げた部分はハンダで埋めて(写真1)、ラインの引っ掛かりを軽減するようにしている。小さなことだが、このような工夫の積み重ねが、釣果につながってくると思う。

080926 コマセカゴは、かなり小さめのステンカンを使っている。ワラサ釣りも一昔前までは、ドラム缶のような巨大なコマセカゴを使っているところが多かったが、今は、規制などの影響もあり、かなり小型化してきた。一般的にはLサイズが使われているが、私はそれよりもさらに小さいものを使っている。これがなかなか具合が良い。潮の抵抗も少ないし、コマセを無駄に撒かずに済む。効率よくコマセを使わなくてはならないから、神経を集中してイメージを作れる。

オキアミのコマセ釣りが始まった頃は、よく「エサと同じコマセをこんなに撒いて、本当に一匹の付けエサに喰うの?」と聞かれた。「撒いたコマセを夢中になって喰っているうちに、警戒心が薄れ、付けエサにも食って来る。撒いたオキアミを一匹残さず食って来るから釣れる。」と言っていた。この当時の船数、釣り客の数からすれば、こんな理屈も通るのだが、今は、その海域の船団で撒くコマセの量は半端なものではない。魚達が「もう、たくさん!」と言わんばかりの量だ。その証拠に、釣れた魚の胃袋の中はオキアミでパンパン。「少ないコマセで釣る。」ことを意識する人が増えてきたことは間違いないが、それぞれの船宿の考え方も様々だ。

オキアミが及ぼす環境問題が取り立たされているが、そんなことに言及する気は全く無い。

「どうやったら、釣れるか?」それだけを考えてる。

|

« また、ワラサ。 | トップページ | ヒラマサバリ。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕掛けの話:

« また、ワラサ。 | トップページ | ヒラマサバリ。 »