« 2007年10月 | トップページ | 2008年9月 »

2007年11月の3件の記事

2007年11月19日 (月)

お礼

今回の入退院で、海ろぐをご覧の方々から、暖かい励ましのコメントを多数いただきました。

コメントは公開しておりませんので、この場を借りてお礼申し上げます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

イカヅノ

退院してから、心臓もだいぶ落ち着いてきたような気がする。このところ、良い天気の日が続き、沖に出たくてウズウズしている。しかし、相変わらず医師からは、「安静に・・・」との指令が出ているのだ。あまりにもやることがないので、仕掛け作りを始めた。

毎年、10月前までには、ヤリイカ用の竹ツノを作り、準備しているのだが・・・

071115 イ カツノに使う竹は、竿などの使用するものと違い、新しい青竹が良い。枯れているものより油の抜けていない粘りのあるものがいいのだ。今年の青竹を手に入れ、早速、作り始めたが、たかだかこんな作業でも、魂を詰めてしまうと心臓には良くない様だ。

今や漁師でも竹角を使う人は少ない。市販のプラヅノのほうが経済的だし、耐久力もある。不合理なのかもしれないが、毎年、季節が来ると、自分なりのこだわりを持った角を巻くのが、習慣になっているのだ。それでも、シーズン中、何回かは私の角にだけ「入れ乗り」と言うこともある。

イカの気持ちなど、到底わかるものではないのに、一生懸命「この色が、この動きが・・・」と毎年繰り返していると、自分なりには、少しづつその傾向が分かってくるような気がするから不思議である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

復活!

先月の29日以来、お休みさせて頂いていた「海ろぐ」の更新を今日から再開することになった。

最後(10月29日)のブログで、腸炎で入院と記したが、これがとんでもないことになった。

病院へ行く前は、内蔵が痛いだけでなく、呼吸困難状態に陥り、3日3晩寝ることができなかった。点滴の最中、医師が「心臓の動きがおかしい・・・」と急遽、心電図を取ることになった。結果、心室と心房の動きがバラバラで、非常に危険な状態だったそうだ。すぐに循環器系の得意とさせる病院へ救急車で転院したが、その後ことはあまり良く覚えていない。

電気ショックで心臓の動きを再生し何とか助かった。目が覚めた時の快感は今でも忘れられない。苦しさと痛みから開放され、とても穏やかな気分だった。

その後は、5日間の安静期間を含み、2週間ほどの入院生活が待っていた。今まで、生まれてこのかた、入院など経験したことがない私にとって不安なことばかりだ。体からは何本の線や点滴のチューブが繋がれ、無造作に寝返りも打てない。

それでも何とか、心臓カテーテル検査を終えて退院した。自宅へ戻っても、しばらく安静にしていなければならない。入院前より12kgも体重が落ちて、良いダイエットにはなったが、医師から指示のあった食事がいつまで続けられるか?すぐにリバウンドがくるのは必至なのだ。以前一日80本近く吸っていたタバコも、今のところ吸いたくないのだが、「やめよう」と言う気はさらさら無い。酒もタバコも、この3週間口にしていないが、想像していたよりも辛いことではなかった。

何よりも沖に出れないのが辛い。先月後半に川崎のつり幸さんから久里浜沖へマダイ釣りに出たのが最後。半月以上も海に出ないことは、この20年間無かったのでは・・・

釣りの禁断症状は、酒やタバコよりも、きついものがあった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年9月 »