« 9/15~豆南釣行記 | トップページ | 出航中止 »

2007年9月21日 (金)

初島沖のワラサ

今週の火曜日、伊東港からワラサ釣りに行って来た。ポイントは初島沖で、台風の後から本格化して盛期に入った。

今回の釣行は、スポーツ紙の取材で、野球解説者の佐々木氏(大魔神)とタレントの野々村真氏との釣りとなった。大魔神とは、同紙の取材で現役時代から、一緒に釣りをしている。野々村さんは今回で3回目の釣行だ。

朝のうち、食いが立ち、野々村さんが4本、大魔神が3本キープした。この2人釣りに関してはライバル心が強い。大魔神いわく、「マコちゃんに負けたら釣りやめるよ。」とまで豪語したのである。この時点で1本リードしている野々村さんだが、もはや負けムード。「1本くらいの差じゃ追いつかれる。」とあせりまくっている。まるで、蛇ににらまれた蛙のようだ。野々村さんは、テレビで観るキャラのままで、見ている我々も「大魔神が逆転したほうが、記事の展開がしやすい。」などと密かに期待?しているのである。

案の定、終盤は大魔神が連発で3kgクラスのワラサを仕留めた。ファイト中に「バラセ!」と神頼み。そんな祈りもむなしく、野球で言えば5回を過ぎたあたりで同点に追いつき、8回、9回で大きく引き離した。「うちには良いクローザーがいないから・・・ぼやきも出るよ。楽天の気持ちがわかる。」野村ならぬ野々村節がでた。

最終的に大魔神が10本、野々村さんが6本の釣果に終わった。

陸へ上がって食事をしていても、2人の舌戦は続き、次回は豆南で大物対決を・・・と目を輝かせていた。

このレポートは、本日9/21付の日刊スポーツに掲載。

|

« 9/15~豆南釣行記 | トップページ | 出航中止 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初島沖のワラサ:

« 9/15~豆南釣行記 | トップページ | 出航中止 »