« 豆南大物釣り大会 | トップページ | 台風9号 »

2007年8月31日 (金)

冷凍ムロアジ

前回の釣行で、「なんで、冷凍エサの中骨を取るんですか?やっぱり、ヒラヒラしていたほうが、食いがいいんですかね。」と質問を受けた。確かに、なんとなく海中をフラフラ漂っているいる方が、違和感が無いような気はするが、魚に聞いてみないと実際のところは分からない。私が中骨を取ることを進める理由は、「エサが回転しにくい」ということが一番の理由だ。落とし込みの時に、尾びれがプロペラ状態になってしまいエサが回転して落ちていく。当然ハリスにヨリが出て絡みやすいのである。「死にエサだと、手前マツリが多くなる。」と言う事は誰もが経験していると思う。原因は尾びれが抵抗を受け、エサを回転させることにあると考えられる。

一般的には、3枚おろしの要領で尾びれごと中骨を取るが、何となく身エサを使っているような感覚がしてしっくりこない(これは主観だが)。私は尾びれを残して中骨だけを取る。この状態でも軸になる中骨が無いため、尾びれに掛かった水圧が逃げるので回転はしにくい。また、今試している方法は、尾びれに切れ目を入れるというやり方だ。要はエサが回らなければ良いのだから、「尾びれに掛かる水圧を逃がしてあげればよいのでは」と考える。モロコなどを狙う時に、身の柔らかいソーダガツオなどは中骨を取るとだらしない格好になってしまうので、このやり方が有効なのでは・・・

釣りは、見えない海底で起こっていることと、口の利けない魚の好みを想像することが楽しい。どのバケが良いとか、このエサが良いとか。ただし、一度良い結果が出ても、状況によって「たまたま」という不確実な要素が多い。本当に効果的なのかは経験と実績によって、分かってくることである。

一方、物理的な要素は現実的である。例えば、「ハリス強度以上の負荷が掛かれば切れる、道糸が太ければそれだけ潮の抵抗を受ける。」など確実な要素である。これに自然の力が加わってくるから始末に悪いのだが・・・

どんな釣りでも、この2つの要素が複雑に絡み合ってくる。だから釣りは難しい。

そして楽しいのではないだろうか。

|

« 豆南大物釣り大会 | トップページ | 台風9号 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷凍ムロアジ:

« 豆南大物釣り大会 | トップページ | 台風9号 »