« 7/26~29 鳥島釣行1 | トップページ | 欠航 »

2007年7月31日 (火)

7/26~29 鳥島釣行2

前回からの続き

鳥島海域に到着したのは、午後6時過ぎ。太陽が水平線に吸い込まれそうな時だった。

ポイントを入ってみると、いつもの鳥島ではない。とにかく魚っ気がないのだ。釣りの準備をしている間、付近を回り、何とか青物の反応を見つけるが、前日のベヨネーズの方が明らかに良い。日暮れまで時間が無いので、このポイントで釣り始める。仕掛けを投入して、すぐに泳がせ用の大物竿にヒット。15kg位のカンパチだ。続けて10kgクラスのヒラマサが上がる。一瞬、ほっとしたが、このあとはポツリ、ポツリ状態。1時間半ほど流したが、カンパチとヒラマサ、合わせて5~6本といったところ。この海域では納得の行く釣果ではないが、暗くなってしまったので、投錨場所まで移動し、アンカーインとなる。

07731sima2 夜釣りでは、底潮が悪いのか、アカハタは結構釣れてくるものの、常連のアオダイやヒメダイが姿を見せない。カンパチやヒラマサも不調。ところが、大型のシマアジだけは活性がいい。型が型だけに入れ食いという訳にはいかないが、7~8kgサイズが10枚。ポツポツ上がる。3kgクラスが喰いだせば数も伸ばせるのだが・・・  潮も一時は速くなったものの、すぐに戻り、タナは取りにくいが、釣りをできない状態ではない。

午前4時、アンカーを上げ、流し釣りに変える。相変わらず、やる気の無いカンパチをかまってみるが、2流しで20kgクラスを4本捕って、オナガ狙いに変える。ところが、オナガのポイントでは、60cm位のサメばかり。ほとんどの仕掛けに食って来るので、オマツリして釣りにならない。「なんとか型だけは見たい。」と移動を繰り返すが、どこへ行ってもサメばかり。結局、オナガは惨敗。

07731 気を取り直して、巨大カンパチとモロコを狙いにポイントを移動する。今回一番楽しみにしていた本命場だ。数はそれほど期待できないが、途轍もないヤツがいる。前回56kgのカンパチが上がったが、ここでは毎回、バラシが多発している。流し始めて間も無く、20kgのカンパチが上がり、その後も喰いだすと2~3回アタリがあるが、しばらく膠着状態が続く。この日も2人がハリス切れの洗礼を受けることになった。その後、潮が止まり全く動かない。潮が止まった途端、魚探には青物の反応がびっしり。何とか食わせてやろうするが、全く口を使わない。やはり、青物は潮の影響は大きい。

喰わない魚は諦め、浅場へ移動しモロコを狙う。潮が動かないので、モロコ穴の真上から仕掛けを直撃してみると、右舷ミヨシ2番目で、それらしきアタリが・・・しばらく巻き上げたのだが、一気に突っ込まれ、根に潜られてしまったようだ。続けて、左舷胴の間でもヒット。こちらは無事取り込み、29kgのモロコを仕留めた。

釣り終了の時間が迫るが、魚探には喰わない大型魚の反応がヤマになっている。以前にも何度かこんなことがあったが、潮が動き出した途端、爆発的に喰いだした。少しでも潮が変化すれば・・・と30分延長するが、それでも状況は変わらず、泣く泣く魚探のスイッチを切った。

今回の釣果は終わってみれば、オナガと五目釣りのアオダイが寂しい結果に終わったが、カンパチ、ヒラマサ、シマアジ、モロコは結構良い釣果だった。しかし、巨大カンパを期待していただけに満足のいく釣果とは思えないのだ。

近いうちに、誰かがデカイヤツを、やっつけてくれるだろう・・・と思いつつ鳥島を後にした。

|

« 7/26~29 鳥島釣行1 | トップページ | 欠航 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/26~29 鳥島釣行2:

« 7/26~29 鳥島釣行1 | トップページ | 欠航 »