« 伝統釣法とルアーの話 | トップページ | 明日の出航は(スターマリンⅢ) »

2007年5月 9日 (水)

日刊スポーツ マダイ決勝

昨日、金沢八景の太田屋さんで、日刊スポーツ新聞社のマダイ釣り大会の決勝が行われた。

審査委員長などという、大そうな肩書きをいただき、表彰式にだけ参加した。

この大会は東京湾、相模湾の各地区から選抜された選手が、同じ船に乗船して競う形式だ。

ところが、当日はリリースサイズが1枚釣れたのみで、順位が付けられない状態。前日までは好調に型物が出ていたのだが・・・

「釣りというものは本当にわからない。」と痛感した。

「釣れない、釣れない。」と言われるとやってみたくなる、天邪鬼な性格なのか翌日同船に乗ることにした。

今朝午前7時頃、太田屋さんに着くとマダイの釣り人は6名、左舷胴の間が空いていたので席に着く。今日は一日(釣り時間)下げの潮、朝のうち北風なら悪い席ではない。

0759madai 久里浜沖に着くと、上潮はそこそこ流れているが、下の潮は感じ取れるほど効いていない。第一投目から、左舷トモので1kg弱のマダイが上がった。止まっていた潮が動き出した好機だったようだ。続けてこちらにも3.9kgのマダイが来た。30分ほど経って、左舷2番に小型のマダイが・・・そしてまた続けて私の竿にもアタリが来た。今度は先程より少し小さめの3.7kg。朝の1時間で釣れてしまったのだ。その後、潮が速くなりアタリが遠のいた。

午後からは剣崎沖に移動する。「物凄い反応だよ。釣ってくださいね!」と船長の檄が飛ぶ。しかし、「笛吹けど踊らず。」潮が全く流れないせいか無反応。「こういう時は潮が少しでも動き出せば、バタ、バタ!とくるのだが」、いかんせん残り時間が少ない。しばらくして、そばを流していた僚船がマダイを上げた。そしてすぐに左舷ミヨシで1.7kgが上がり、その後すぐに、また私に、今日最後となる2.7kgのマダイが来た。やっと喰いだしたのに、もう少し時間があれば・・・

後ろ髪を引かれる思いでポイントを後にした。

ちなみに私の釣った3枚はすべてメス。腹には真子がたっぷり詰まっていた。帰り際に魚探を覗き込むと、大型の反応がボコボコ出ている。

東京湾のノッコミマダイは大型を狙う好機に入った。

|

« 伝統釣法とルアーの話 | トップページ | 明日の出航は(スターマリンⅢ) »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日刊スポーツ マダイ決勝:

« 伝統釣法とルアーの話 | トップページ | 明日の出航は(スターマリンⅢ) »