« スターマリン出航決定! | トップページ | 鳥島海域へ変更 »

2007年5月 1日 (火)

4/28 スミス島海域へ

スターマリンⅢ号は、28日午後10時10分、網代港から、豆南諸島スミス島~ベヨネーズ海域へ向け出航した。

午前中前線を伴った低気圧が、通過したため、正午過ぎまで強風が吹いていたが、出航時には北西の風が7~8mまで落ちていた。波高も始めのうち2.5mほどあったが、三宅島を通過したあたりから収まり、日の出をむかえた八丈島付近ではベタナギの状態になった。070430hinode

最初の目的地ベヨネーズに近づくと、いつもは濃いコバルトブルーの潮色が緑白濁している。水温が19.7℃と、この海域にしては低いと言う事もあるが、かなり厳しい状況だ。

魚探には、ムロの反応はないももの、そこそこツブのいい反応が出ている。

釣りを開始して間も無く、8kgのメダイが上がった。その後は4~8kgのメダイが連発。  3kgのムロアジも底付近で食ってきた。3ヶ所ほどポイントを変えるが、ほとんど同じような状況だ。我慢できずにスミス島に走る。

070430sumisu しかし、こちらでも潮色は同じ。はじめ27番から流し始めるが潮がすっ飛んでいる。やはりここでも釣れてくるのはメダイばかり、それもベヨネーズより喰いが悪い。 しばらくして、ジギングで8kgのカンパチが上がるが後が続かない。かなり上層でヒットしたようだ。                                                島周りへ移動しても同じ状況が続く。この海域で、暗くなるまで粘ったが、浅場も深場もメダイだらけ・・・ ああ~胃が痛い。

スミス島付近では潮が速く投錨しても釣りにならないのでベヨネーズへ戻り投錨する。  この間にサロンでは、焼肉の夕食が始まった。常連のお客さんが始めて来た人に「いや~最後には何とかなるよ。」と言っていたのを耳にして、そんなやさしい言葉が辛い。

夜釣りに入ってからも、魚探の下から上までメダイ・メダイ・メダイ・・・・ この海域にこれほどメダイがいるのか?と思うほどの数だ。メダイ釣りの職漁船だったら夢のような状況なのだが・・・            ルアーでは海面から10mでもメダイが釣れてくる。五目釣りのタックルでやっていると、そこそこファイトするので、はじめの何本かは面白いが、そのうちやめてしまう人が多かった。深夜から明け方にかけて、潮が速くなり早々に流し釣りに変えるが、大型の青物は不発。アオダイやエサ取りの魚さえ喰ってこない。

釣り時間終了を30分延長して、最後の一流し。左舷ミヨシ2番目で3.9kgのシマアジが上がったが、その後が続かず、無念の釣り終了。

070434inamba 30日午前7:00。網代港に向け帰航。ベタナギの海上を平均20ktで快調に航行。予定の航行速度よりも2ktほど速い。午後1時過ぎにはイナンバ島の東を通過し、定刻より1時間30分ほど早く網代港に着岸。

今回の釣行は、スターマリン就航以来、最悪の貧果となってしまったが、次回(2日夜発)の釣行では、「絶対にリベンジを果たす。」と決意したのである。

|

« スターマリン出航決定! | トップページ | 鳥島海域へ変更 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/28 スミス島海域へ:

« スターマリン出航決定! | トップページ | 鳥島海域へ変更 »